はなとも生花店

鹿児島の花屋はなとも生花店です。フラワーギフト鹿児島市内無料で当日配達可能です。

    

    

 

はなとも生花店HOME»  ブログ記事
はなとも生花店HOME»  ブログ記事»  今週のおすすめ»  今週のおすすめ 9月第2週

今週のおすすめ 9月第2週

今週のおすすめ 9月第2週

9月6日は語呂合わせから『 黒の日 』に制定されています。

様々な〝〟にまつわる物が、この日を記念日としています。

[ 黒豆の日 ][ 黒染めの日 ]“髪が黒々(クログロ)”で[ 9696の日]

中でも面白いのが、その肌の色から[ 松崎しげるの日 ]まで!


そして鹿児島は【 黒文化 】と言われるほど〝〟がつく名産品が多く

9月6日は県を挙げて『 黒の日 』をアピールしています。


先ずは何と言っても〈焼酎〉ですね!

えっ?!〟くないじゃないかって?!

鹿児島の飲食店で〈焼酎〉を注文してみてください。

銘柄指定をしない限り、ほぼほぼ« 黒伊佐錦 »が出てくるはずです。

鹿児島県民に最も親しまれている銘柄が« 黒伊佐錦 »なのです!


伊佐市の大口酒造が発売30周年を記念し制定した『 黒の日 』です。

昨年の《 和牛オリンピック 》で鹿児島は見事 日本一 に輝きました。


鹿児島黒牛〉は鹿児島の〝〟を代表する名産品でしょう!

他にも〈黒豚〉〈黒酢〉は国内生産量の大部分を占める«ブランド品»です。

食べ物以外では〈 黒薩摩 〉と呼ばれる《薩摩焼》の焼き物。

焼酎をお燗する器〈黒ぢょか〉は、鹿児島土産におすすめですよ!


こうなると「お花で〝黒〟はないものか?」探してみました。

・ダリアの黒蝶 ・スカビオサのブラックナイト ・チョコレートコスモス 等々。

あることはあるのですが、鹿児島ではそれほど生産されていませんね・・・


なら、名産品になるような〝黒い花〟を生産してみれば?!

鹿児島の生産者さんに一方的に提案しようと


ネットであれこれ探してみると《 黒バラ 》がヒットしました!

なんでも、トルコの一部にしか生息していないらしく希少性抜群です。

何とか品種改良して鹿児島で生産してみては・・・

んっ? 花言葉 があるようです。

えーっと、【 永遠の死 】【 憎しみ 】・・・・・・


・・・前言撤回! ムリに生産することありませんよ!

そもそも 黒いお花 は需要が少ないですしね。

と、とにかく鹿児島は〝〟へのこだわりが強く

鹿児島〟〝〟とついた商品は〝 間違いない 〟ということです!


・・・もし、あなたに《 黒バラ 》が贈られたのなら

一度、人間関係を見直す必要があるかもしれませんね・・・



コツが分かったら簡単だった!(ドヤ顔)」「今日のメイちゃん

先週「メイちゃん木登りタワーに登ってくれない! 」と嘆いたのですが

 なんと!それからすぐに登ってくれました!
mei214
mei215
mei216
mei217
mei218
ドヤ~
(上の画像は、たまたま撮影できた
 初めて〟ハンモックまで登り切った時の映像から切り出しました!

一度登り切って自信がついたのか、それからは何度も登ったり降りたり。

思い描いていた姿が見れて、チョット 感動 してしまいました!

ただ、誤算だったのが、“ メイちゃん、降りるのヘタ問題 ”です・・・

降りるときはハンモックから身を乗り出し、柱に脚を掛けて飛び降りるのですが

スタッ!
」というよりも「ドタッ!」と、 着地 落下

見ていて心配になる降り方なのです・・・

仕方ないので、降りたそうな仕草を見せたら

駆け寄って、抱きかかえて降ろしています。


 過保護 ですかねぇ・・・⁇

まぁ、降りやすいように何か策は講じないといけませんね。

何はともあれよく頑張りましたメイちゃん!


黒の日 』ばかり注目してまいりましたが

気づけば9月9日は『 重陽の節句 』ではありませんか!


ということで、今週のおすすめ大輪菊三宝です。

よくぞ思い出した!
」といった感じの 重陽の節句 ・・・

 七草・ひな祭り・端午・七夕 と並んで 五節句 の一つなんですが・・・

実は、昨年の当ブログでは、すっかり忘れていてスルーしてしまいました・・・

今年は〝 セーフ!〟でした!事前に気づきました!(花屋としては覚えていて当たり前なのにねぇ・・・

気を取り直して?! この三宝は長らく“ 黄大の定番 ”として人気の品種です。

いい機会?!ですので、 仏花 以外でもを飾って地味な 重陽の節句 をお祝いしてくださいね!

★今週のおすすめ★ 9月第2週
三宝
  「三宝」 

キク科  キク属 中国原産
生産者:鹿児島県  上村清輝

◎おすすめポイント◎
9月9日は「重陽の節句」です。
節句に例えられます。
重陽の節句」は
別名「 菊の節句 」と呼ばれます。
 不老長寿 を願う節句であり
大きく咲いて長持ちする〈〉に
願いを込めて鑑賞する行事です。

 仏花 として使う事が多いですが
今ではいろんな品種が開発され
 慶事 でも使う機会が増えています。

2018-09-06 07:06:28

今週のおすすめ