はなとも生花店

鹿児島の花屋はなとも生花店です。フラワーギフト鹿児島市内無料で当日配達可能です。

    

    

 

はなとも生花店HOME»  ブログ記事
はなとも生花店HOME»  ブログ記事»  今週のおすすめ»  今週のおすすめ 4月第1週

今週のおすすめ 4月第1週

今週のおすすめ 4月第1週

新元号は『令和』!

れ、って・・・?!

まず頭に浮かぶのは“命令の[]”ですよね。


新元号の選定基準は「明るく前向きになれるもの」と聞いていたので

正直、面食らいました。


説明を聞くと[]には〈良い〉という意味もあるのですね。([令嬢]とか。)

あと[]も“昭和の[]”のイメージが強いですよね・・・

2文字のうちどちらかに[]の字を入れるだろう。自己顕示欲の強い現首相のことだし・・・

私はそう予想しておりました。
(皆さんもですよね・・・

蓋を開けてみれば、 新元号候補6つ のどこにも[]は使われておらず意外でした。

まぁ、選挙も近いのにムダな反感買ってもね・・・

引用は漢書からではなく国書から。

という こだわり を通したあたりで忖度したのでしょうね。


その[国書]と言われる【 万葉集 】の《梅花の歌》からの引用だそう。

この事で、私の中での好感度は一気に上がりました!


令和』は〝 花(花木)の歌 〟由来の元号なのです!

を生業にしている者にとって、これほど喜ばしい事はありません!

令和時代〟がその意味通り

人々の心や文化が花のように美しく育つ時代 ”になればいいですね!


加えて、実際のお花もその力添えになれるといいですねぇ・・・

あ、あと、元号選定基準の中に「人名、土地名、企業名に使われていない

とありましたが、コレ、大変だったと思います。


当然、他の基準も満たした上での事ですもんね。

私も早速、検索してみましたが
、当のニュース以外には

某大学の教授の名前と、その著書しか出てきませんでした。


 マスコミ が血眼になって探してきたものでも

企業名が6
(漢字では0!)、人名が2~3全て読みが異なる!という結果。

担当の方々、お見事です!

あ、そうです!候補が6つあったと考えると・・・

お疲れ様でした!×6‼

改元は約1ヶ月後。

しばらくは“平成31年(H31)”と、つい記入するでしょうが

時間とともに慣れていくのでしょうねぇ。


そして、いずれは“ 令和生まれ ”の若者と仕事をする日が来るかと思うと・・・

イヤイヤ、老け込むにはまだ早い!『昭和』もまだまだ現役です!

とにかく、新時代の幕開けです!

明るい時代になるよう精進していきましょう!


改元を機に、もっとアタシを丁寧に扱って欲しいな!」「今日のメイちゃん

チョット汚い話になりますが、メイちゃんは“目ヤニ”が溜まりやすいのです。

朝、取ったばかりなのに、夜には ビッチリ と・・・

目ヤニが付いた状態のメイちゃんの事を私は

メクソシスト 〟と呼んでいます・・・
(ゴメンね。メイちゃん

あら、また メクソシスト になって!

そんな時、大体は指の腹を使ってこそげ取っていました。

先週“ メクソシスト状態 ”のメイちゃんを見ると、いつもより黒っぽい目ヤニが。

んっ!よく見たら、コレ、目ヤニじゃなくて[ かさぶた ]だ!

mei302
↑右目(向かって左の目)の目尻に・・・

きつくこすりすぎて傷付けてしまったようです・・・

調べてみると、目ヤニを取る時は

“濡れたコットン等で優しく拭きとるのが正しいやり方”のようです。

大反省です・・・
 これからは気を付けます。

だいぶ治ってきましたが、完治するまでは

 メクソシスト のままにしておきます。
(まだそう呼ぶ?!

来週はメイちゃん誕生日!盛大にお祝いしたいと思います!
mei303
mei304


 梅の花 の時期だったらねぇ・・・ 便乗できたのに・・・

気を取り直して?! 今週のおすすめは「グロリオサ」です。

グロリオサの一大産地といえば高知県三里地区ですが

品質では鹿児島市来も負けておりません。

花持ちが良く、発色も良好です。


聞いた話によると、温泉地熱でハウスを加温し栽培しているとか。

あとこれは【 花屋さんあるある 】ですが

グロリオサは先端がクルッとカールしていて
巻きひげと言うそうです)

これが他のお花に絡む絡む!

ほどこうと引っ張ると、折れたり千切れたりちょっとイライラします。

面白い葉様なんですが、基本ほぼむしります!

まぁ、花形が十分 個性的 なので、そこは目をつむりましょう。

★今週のおすすめ★ 4月第1週
グロリオサ
                 「グロリオサ」 

ユリ科  グロリオサ属 熱帯アジア・アフリカ原産
生産者:鹿児島県 川添智之
◎おすすめポイント◎

花屋さんで「何か珍しいお花は?
とたずねると、結構な割合で
このお花を薦められると思います。
(あくまで個人の見解です。
その形から「 キツネユリ 」という
別名を持っています。
英語では[Glory Lily](栄光のユリ)
[Fire Lily](炎のユリ)と
呼ばれることもあります。
華やかさ個性を合わせ持った
人気のお花です。

2019-04-04 07:22:15

今週のおすすめ