はなとも生花店

鹿児島の花屋はなとも生花店です。フラワーギフト鹿児島市内無料で当日配達可能です。

    

    

 

はなとも生花店HOME»  ブログ記事
はなとも生花店HOME»  ブログ記事»  今週のおすすめ»  今週のおすすめ 4月第4週

今週のおすすめ 4月第4週

今週のおすすめ 4月第4週

青い花』と言われて何の花を思い浮かべますか?

特に、花屋で“切花”として売られているお花で。

パンジー][ビオラ]や[アジサイ]最近人気の[ネモフィラ]など

ガーデン用や鉢物ではいろいろあるのですが

切花”になると途端に選択肢が絞られます。


先日《 ジーンズ専門店 開店祝いに『青い花』メインのアレンジ》とご注文が。

今、市場に出荷されている青い花は…

デルフィニューム]の 1本タイプ 分枝系のシネンシス くらい。

青いアジサイ]の鉢物を切るとして

リンドウ]はまだ出荷が始まっていないし、後どうしましょう…


まぁ、 大枠 で『紫の花』も合わせるとしても、もう少しが欲しい。

そんな事を思いながら市場のセリに出ていると

 青い染料を吸わせ着色 した[スプレーカーネーション

 青い染料をふりかけた バラ]が出荷されました!


どちらも見た目は『水色』ですけど、 大枠 ということで…

で、出来上がったのがこのアレンジです。
青いアレンジ
製作において《スタイリッシュ》《グルーピング》《ボリューム》《グリーン活かして

これらのご要望も取り入れております。


もう少し早めにご注文くだされば 染料を吸わせた 青いバラ]を取り寄せられたのですけど…
青いバラ(吸わせたもの)
そうそう、2009年 サントリーフラワーズ が“ 青色の色素 ”を持った[青いバラ]を発売しました。

大変なご苦労と研究をなされたと思いますが、どう見ても薄紫
ウィキペディア参照)

今のところ 青い染料を吸わせた方 が〝青い〟ですね…

近い将来[青いユリ]や[青いカーネーション]等

染めなくても『青い花』が登場することを楽しみに待ちましょう!
(どこかで研究はしているはず?!



こんな気分の時もあるのよ。」「今日のメイちゃん
mei566
 この写真、どういう状況だと思います?!

これはメイちゃん 私のひざの上 (正確には太ももの上)で寝ようとしている所です。

体の向きを変え、頭を太ももと太ももの隙間に潜り込ませたり

なんとか工夫して眠ろうとしているのです。

mei567
これが最近の日課らしく、私が帰宅し、いつものイスに座ると

すぐに飛び乗ってくるのです。


あまりこういったことはしたことが無かったのに

どういう風の吹き回しでしょう。


まぁ、うれしいんですけどね!

普段は5分~10分くらいで降りてもらうのですが

メイちゃん 誕生日
(4月8日)

そのままにしておくと、一体どれくら寝るのだろう…


お誕生日だし?!
好きなようにさせてみました。

なるべく寝やすいように足を揃えてまっすぐに。

足から落ちないように体も腕で支えてあげました。

すると、支えの腕に体を預け、太ももの上で熟睡!


不自然な体勢でメイちゃんを支えているため腕がしびれてきます。

そしてなにより、 足がキツイ!

約5キロメイちゃんが落ちないようにするため足を動かせません。

1時間経過…


もぅ、ダメかも…」手足のしびれが限界に達しようとした時

メイちゃんが降りてくれました。


手足が プルプル していたのを察してくれたのでしょうか?!

それ以降はやっぱり5分~10分くらいで降ろしています…

メイちゃんごめんね!甘えてくれるのは嬉しいのだけれど短めでお願いします!
mei568



今週のおすすめは、鉢物のアジサイババリア」です。

濃い青 白い縁 が鮮やかな品種です。

はなとも生花店では、淡い色より濃い色のアジサイの方が売れます。

淡い色のアジサイ 桜島のがかかるとかなり目立ちます。


パッと見、 病気 が入ったかのようです・・・

その点、濃い色のアジサイだと、そこまで目立ちません。

そこが「濃い色のアジサイが売れる要因」なんですかねぇ?!


ちなみに鹿児島は、自動車の色でも日本一【白】が売れない県らしいです。

アジサイの鉢物 》はHPでも発売中!おすすめです!


ババリア」以外にも多種多様な品種を揃えていますので

皆様のご来店・ご注文、心よりお待ちしております!

★今週のおすすめ★ 4月第4週
ババリア
「ババリア」 

アジサイ科  アジサイ属 日本原産
生産者:福岡県 坂本和盛

◎おすすめポイント◎
アジサイは別名「 オタクサ 」と呼ばれて
います。江戸末期シーボルトにより
命名され、その名でヨーロッパに
紹介されました。一説には
彼の愛する女性「 お滝さん 」になぞらえ
名付けたとする説が有名ですが
定かではありません。

ただ、その後 オタクサ は西洋でも愛され
様々な品種が作り出されています。
 

2021-04-22 04:26:26

今週のおすすめ