はなとも生花店HOME»  ブログ記事
はなとも生花店HOME»  ブログ記事»  今週のおすすめ»  今週のおすすめ 7月第2週

今週のおすすめ 7月第2週

今週のおすすめ 7月第2週

7月10日(日)は【参議院議員通常選挙】です。

加えて鹿児島では【県議会議員補欠選挙】もあります。

選挙になると各候補者へ[必勝祈願][陣中見舞い]として

胡蝶蘭』を贈って欲しいとご注文が入ります。

ちなみに今回の選挙でも数件のご注文をいただきました。
(皆さん頑張ってください!)

そもそも〝 ナゼ胡蝶蘭 〟なのでしょう??

漠然と《縁起がいいお花》だとは思っていましたし

選挙事務所=胡蝶蘭 ”と、もはや当たり前のことと

深く考えずお届けしていた私。


花屋のはしくれ 〟として知っといて損は無いと

理由を調べてみましたよ。


◎なにより縁起がいい
・花言葉「幸せが飛んでくる」→当選
・花持ちが良い→長く議員生活が続く

縁起が良い花であることは疑いようの無い事実でした。

◎見栄えが良く手入れが楽
・選挙事務所にズラッと並んだ様子は壮観
・手入れもたまに水を少しあげるだけと簡単

忙しい選挙戦中ずっとキレイなままで手間いらず。

そして驚いたのと同時に納得の理由が…
◎公職選挙法に違反しない
贈る側の立場によっては[食べ物][飲み物]も違反になる場合があるそう。
胡蝶蘭は違反品目にあたらず候補者も安心して受け取れる。

 こりゃ陣中見舞いには胡蝶蘭一拓な訳だ!


ただし
●黄色い花→お金のイメージ
●4本立ち→“死”9本立ち→“苦”

とタブーもあり。
(上記タイプは入荷自体ほぼ無いので無問題)

基本は[白]の[3本立ち][5本立ち]ですね。

花色は[ピンク][リップ]でも大丈夫なようです。

(自分の贈った物を目立たせたいならおすすめ!)

はなとも生花店では質の良いものだけを仕入れるようにしています。

最初は見た目に変わらなくても質の悪いものだと

[花がすぐに萎れる][落輪する][葉が腐る]

縁起もあったもんじゃありません!
(儲けは薄くなるけど、頑張ってます!)

応援していた候補者が当選したあかつきには

是非はなとも生花店に胡蝶蘭をご注文ください!




アタシも胡蝶蘭好きです」「今日のメイちゃん

実はメイちゃん胡蝶蘭が好きなのです。
20220706a
正確に言うと、ある部分…
20220706bs
そう、コレ!
20220706c
花の保護用の和紙を留めている《針金入りテープ》です!

これをリング状に結わえて完成!(上の画像の右側の状態)

これを追いかけるのが好きなのです。

以前もコレで遊ばせていたのですが【誤飲】が怖くて止めていました。

ただ《 メイちゃんの研究・観察 》を5年もしていると

メイちゃんはエサ皿以外からは何も食べない

これは間違いないことと判断しこの遊びを再開することに。


針金入りテープにはいろんな色があるのですが

胡蝶蘭に使われている[金のテープ]が一番好きなよう。


メイちゃんは黄色系のものに最も反応する

これもくだんの成果から明らか。


ちなみにこの[金のテープ]を私は『 金ちゃん 』と命名。

メイちゃん!金ちゃんがタワーの上に登ったよ!

金ちゃんをキャットタワーの最上段にのせ、呼びかけると…

電光石火!
全力でタワーを駆け上り金ちゃんを捕獲。

タワーから放り投げると自分も駆け下り

弄びながら部屋中駆け回ります。


見ていても楽しいしなにより勝手に遊んでくれるので楽。

難点はすぐにロストしてしまうこと。

追い込んで隙間に入ってしまうともうわかりません。

でも基本タダなのでそこまで必死には探しません。

いずれどこぞの隙間で“ 金ちゃんの墓場 ”を発見することになるでしょう…

ということでメイちゃんをも魅了する胡蝶蘭のお話でした?!(チョット違う?!)
mei352



今週のおすすめは当然?!「コチョウラン」です。

コチョウランと言えば、の〔3本立ち〕〔5本立ち〕が定番ですが

 ピンク 黄色 、花の小さな ミディタイプ と、案外種類が多いのです。

価格帯も幅広く、3千円くらいから、注文になりますが5万円を超える物まで!


お届けの際お客様から「来年も咲かすにはどうすればいいの?」とよく聞かれます。

ある程度管理方法を教えた後・・・ ぶっちゃけます。


運です・・・」と・・・

って、 本当にそうなんですよ!

一生懸命面倒見ても咲かない場合もありますし

庭にほったらかしにしてたのに咲いたり。〔株次第〕なんです・・・

(正しい栽培技術と環境が整えば開花は可能ですが、素人には難しいです。

の善し悪しまでは見切れないので、こう言うしかないのです・・・

ただ、1~2ヶ月は楽しめるお花なので、咲いている間は手入れをして

その後は「花が咲いたらラッキー
」くらいの気持ちで育ててください。

★今週のおすすめ★ 7月第2週
コチョウラン
 「コチョウラン」 

ラン科  コチョウラン属 東南アジア原産
生産者:宮崎県 洋蘭の美翔(近藤邦浩)

◎おすすめポイント◎
ギフトの定番 コチョウラン
属名の「ファレノプシス」は
蛾に似ている 」という意味ですが

日本では「 蝶が舞っているよう 胡蝶蘭)」
花名を変更しました。
作り物のように整った、栽培品種の
イメージですが、原種
川辺のに着生する
意外と ワイルド お花なのです。
 

2022-07-07 01:56:59

今週のおすすめ